鎌倉崋山公慈庵 瞑想修練道場;

FROM THE DESK OF
────────────
天空山公慈庵

2019年7月26日
 
理事、会員各位

創業二期目中間期の業務のご報告

謹啓 小夏の候、理事、並びに会員の皆様におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
長きに渡った梅雨も開けようとする今日、鎌倉華山公慈庵における施設の準備と施設内外のリニューアルも庭園の一部を除いてほぼ完成に近づきつつあります。
これも偏に、理事、並びに会員の皆様の、公慈翁の天命とも言える人類の救済事業と共にそれを全面支持する弊庵の在り方を深くご理解頂き、事業の推進と継承における金子を布施という形で承った結果によるものとして、心より深く御礼申し上げる所存でございます。

ここに井川幸次改公慈を代表して、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

 さて、当初の事業目的の一つである社団法人の設立、及び鎌倉華山公慈庵の開庵に合わせて施設の運営形態と施設内外の整備リニューアルも滞り無く終了し、鎌倉華山公慈庵における運営スタッフの育成もまた、スタッフ自身の心の変容を持って準備が整備ましたことをここにご報告申し上げます。
 昨年より進めてまいりました宮崎における日向蓮山公慈庵につきましては、資金の不足と人材の確保が未だ時期早々と判断し、一旦保留にさせて頂きましたが、来月に開催される第一回夏季研修を再出発の時と定めて2020年の10月15日を目処として少しずつ進めていく所存でございます。
 全ては、大いなる存在の意志としての計画に沿ったものであり、この一点だけは決して踏み外してはならない重要且つ高貴な目的であると同時に、これを如何に私たちが行為としてそれを継承し現していけるかが、私たちの人生の良し悪しを決定する重要な側面であると信じて止みません。

 井川幸次改公慈の天命は、総じて言えば、人類の真なる幸せであることは間違いありません。別して言えば、理事の皆様、会員の皆様の幸せと心の豊かさであるでしょう。その自己変革の結果として、社会、国、地球は繁栄に導かれていくという真実の一石を投じることになると確信しております。

下記は公慈の一言に掲載された一節です

公慈の一言
 
あなたの祈りと瞑想は
あなたの心の風景を変えて
あなたが目にする家族や社会の風景をも変えるだろう
そしてやがては、
あなただけではなく、
全人類の運命をも変容させて幸せに導き、
世界の平安をも成し遂げる結果をもたらすだろう
 
令和元年五月十八日 公慈拝

 これが私たち弊庵の趣旨であり、大義であります。
会社団体が行う事業とは、そこに人類の幸せという「命の本性」がなくては、如何なる事業も衰退の一途を辿るものです。
そして、それは会社や団体だけではなくて、それに関わる私たち一人一人の心の有り様こそが最も大切であるということなのです。
これこそが真の社会貢献という結果をもたらすのです。

 井川幸次改公慈におきましては長年に渡り、また弊庵にけるここ2年に渡り賜りましたご厚誼ご支援に対し心から感謝申し上げます。
なお 今後は社業発展に一層努力いたす所存ですので何卒 倍旧のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます

敬白

一般社団法人天空山公慈庵
 代表理事 福間惠美子
 副理事  新津和江
鎌倉華山公慈庵
 監庵   西川雄貴改雄慈
 副庵   魚津恵右改惠慈
日向蓮山公慈庵(2020年10月開庵予定)
 監庵   貝山陽子